スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブな週末そして 

先週は木曜日から土曜日までとうさんが出張。
復帰して初めての3人生活でどうなるかと思ったけど案外平気!
保育園もすんなり送迎できました。
まぁ汗はいつもの倍以上だったけどね。

金曜日はゆうたん水疱瘡疑惑で病院に行って慌ただしくなったけど,夕飯共の会でお風呂の受け取りをお願いできたからかなり助かった!
慌ただしい夕飯共の会だけど毎度ありがと~!

で,土曜日はこれまた3人で久し振りの仲田の森へ。
ゆうたん1ヶ月ぶりの森に大興奮で収集つかず~。
そう,仲田の森なんだけど,とうとう市民ホールの建設工事が始まり,森の一部が破壊され始めていました。
外の暖かい空気も森を通り抜ける間に冷やされて,いつもいる場所は涼しくて肌寒いくらいだったのに,この日は深くまで日差しが入り込み,風も生温く,壁越しには土曜日というのに休みなく重機が木々をなぎ倒している様子が見えました。
そして話し声が聞こえないくらいの騒音。

長い年月を経て育まれた森なのに,人間の手にかかるとこうもあっという間に倒されるものなのか・・・。
今こうして便利な生活を送っている背景には,もちろんこうした破壊行為があったことはわかっているけど,今目の前でその現場をあからさまに見せつけられると,なんてひどいんだろうと思ってしまいます。
確かに市民ホールの建設も未来の子ども達への贈り物なのかもしれないけど,森からもたらされるものはもっと大切な贈り物だろうと思うのだけど。

まだまだ始まったばかりの工事。
これからどれだけの木々の悲鳴を聞かなければならないのでしょうか・・・。
でも決まってしまったことだから仕方がない。
残った森を活用して子ども達にたくさんの思い出と生きる力をプレゼントしたいです。

日曜日は田植えのお手伝いに参加!
けいたんが2日も連続して外遊びじゃまずいかなあと思ったんだけど,とうさんもかあさんも初体験だったので家族総出で参加することにしました。
田んぼに入るのは初めての経験。
滑らないように靴下をはいて,いざ田んぼに入ってみると,にゅるっとした感触!
思っていたほど深くなくて,思っていたほど冷たくない。
まずは雑草を抜き,土をやわらかくほぐします(代掻き)。
田植え1
ゆうたんもお手伝い~。
田植え2

そして最終形・・・




田植え3

泳いだ!

田んぼの中は暖かくて,風が強かった外に比べると気持ちがよかったみたいです。
田んぼの泥は粒子が細かくて,靴下の中にも入り込んでしまうくらい。
手はもちろん足の爪まで真っ黒になっていました。

結局3枚の田んぼに苗を植え,10時半くらいから15時半くらいまでかかったでしょうか?
さあ,秋にはどんな黄金色の稲穂になるのかな~。
今まで気にならなかった天候や気温が気になって仕方ないまめのき一家でした。
いい経験ができてよかったなぁ~。


そうそう,そして・・・。
思った通りけいたんは翌日から風邪気味,火曜水曜とお休み中(しかも水疱瘡疑惑もあり)。
かあさんも疲れが今になって出て来たようでちょっとうとうとしてました。
早く良くなりますように~。


スポンサーサイト

コメント

田植え体験、面白そう!
森の悲鳴がこっちまで届きそうな感じでした。必要に徹して、不必要な自然破壊が起きないようにしないとね・・。

tontonへ

なんだかすごく寂しくなったよ~。
自分自身便利で快適な毎日は享受したいし、でも環境や自然は守りたい。
ただのエゴかもしれないよね…。
だけどやっぱりこどもが大きくなったときに、地球が地球らしくあるための努力はすべきだよね!
たとえ自分が多少不便になったとしても…。
必要なのは覚悟だね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamenoki.blog18.fc2.com/tb.php/984-0a560c8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。