スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと読みました 

昨日は美容室に行って髪を切っている間と喫茶店で1時間くらいかかって本を読みました.
映画が公開される前に読まなくちゃ,と思って.
4047914746ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2004-05-31
売り上げランキング : 331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

残り2ページほど残しておいたのを読み終わり,その勢いで
4047914754ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2004-05-31
売り上げランキング : 438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらも読み終わり.

周りにはそれほどでもない,という人が多かっんだけど私には相当面白かった.
宗教とか哲学とかけっこう好きなのよね.
日本人に産まれた私にはなかなかキリスト教の宗教観って理解しがたいけど,旅行に行くと生活のあらゆるところに宗教が存在しているのを見ることができるので,とても不思議な気分になる.
でも,宗教画も教会による教育の意味が大きいと聞くし,教会が利益を得るための宣伝活動も多いみたいだし,純粋な信仰以外の思惑があってのことも多いみたいよね.
「神」という存在はあり得ないのかもしれないけれど,人生は自分の思惑ではどうにもならない偶然や運命ばかりで成り立っているのだし,人間には手に負えない何かの力が働いていると考えるしかないのかも.
そうすると「神」という存在はある意味わかりやすい偶像なのかもしれない.
なんて思っていると,なんで地球は宇宙に存在していて,そこにはこんなに多くの人間が生活していて,私は毎日仕事のこととかご飯のこととかあれこれと考えていて,それでも勝手に地球は回っているし・・・とか思い始めてぐるぐるぐるぐる考えちゃう.
もしかしたらすごい大きな何者かの趣味の箱庭の中でちょこまかと動いているだけだったりして・・・.

またイタリア行きたいなぁ.
見れなかった最後の晩餐と,ローマ法王ご逝去のため入れなかったバチカンを見たい!
読んでから行けばよかったなぁ.

さて,映画はどんな出来なんだろ???

スポンサーサイト

コメント

私も去年読んだよ!面白かった~。確かに外国だと、あらゆる所で宗教に関するものを目にします。でも、詳しくないので、美術館などへ行ったりするとちょっと損してる気分もする。もっと知ってれば、面白さ2倍かなって。私も「最後の晩餐」見たいし、ルーヴル美術館も行ってみたいよ~!(まだ行ってないんだ・・・。)ちなみに、まだ読み終わってないけど、同著者の「天使と悪魔」も面白いよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamenoki.blog18.fc2.com/tb.php/139-8c868c7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。